Home/クローミクについての神話と真実

神話:一部の材料は、CROHMIQよりも静電気を高速に消散します。
真実:散逸率は、静的保護の有効性の決定要因ではありません。 CROHMIQファブリックは、有害な放電を避けるために、制御された方法で静電気を放散するように設計されています。 タイプDファブリックの真の尺度は、固定されることなく、可燃性粉末や溶剤を点火することなく、静電荷を安全に消散させる能力です。 CROHMIQの場合、これは、最新かつ最も厳格な国際基準に従った広範な独立したテストだけでなく、業界で最も困難な環境でCROHMIQが提供する長い安全の歴史によって証明されています。 その発明以来、CROHMIQ生地は、火災や爆発の事故なしに800億ポンド以上の化学物質の包装に使用されてきました。

神話:D+またはCDバッグはタイプCまたはタイプDとして使用できるため、CROHMIQよりも優れています。
真実:静電気を安全な速度で消散させるためには、タイプC FIBCは108オーム未満の地面に対する抵抗力を持っている必要があります。 これは、常にタイプ C FIBC を定義するパフォーマンス特性であり、国内および国際標準に書き込まれています。 タイプCを使用する植物は、多くの場合、108オーム未満の抵抗で適切な接地接続が配置されていない限り、内容物が空にならないようにバッグステーションにインターロックシステムを持っています。 すべてのD +またはCD製品は、108オームよりもはるかに高い抵抗を持っています。 これらはインターロックされたシステムでは使用できず、真のタイプ C FIBC の安全性を提供しません。 D+およびCDバッグの製造業者は、爆発を引き起こすリスクを排除するためにバッグを接地する必要があることを指定します。 バッグを安全に接地する必要がある場合、彼らは真のタイプD FIBCではありません。 CROHMIQ FIBCとは異なり、D+およびCDバッグは、非円不張り時に完全な安全性を提供せず、接地時にタイプCの要件を満たしていません。 したがって、D+およびCDバッグは、CROHMIQ FIBCおよび真のタイプC FIBCより劣っていることを明確にしています。 安全の第一人者によって書かれた国際規格は、D+やCDバッグが安全であると認識していない理由です。 実際、IEC 61340-4-4の最新版では、FIBCがD+やCDなどのラベルを付けられることが禁止されています。

神話:クロフIQ FIBCを接地するのは間違いです。
真実:CROHMIQ FIBCは地上接続を必要とせずに安全に設計され、設計されている。 しかし、CROHMIQ FIBCに地上接続を行っても危険はありません。

神話:CROHMIQ生地は特別な帯電防止コーティングを備えており、コーティングを施さない安全には機能しません。
真実:CROHMIQ生地は規則的なポリプロピレン/ポリエチレンのコーティングを有する。 CROHMIQの静的保護特性は、ベースファブリックに固有であり、コーティングされた布地とコーティングされていない生地の両方が等しい静的保護を提供します。 コーティングされたCROHMIQ生地は、コーティングが提供する機能バリアを必要とする用途に使用されます。 コーティングされていないCROHMIQファブリックは、「通気性」FIBCを必要とするアプリケーションや、ライナーがFIBC内で使用される用途に使用されます。

神話:クロームIQはFDAが承認されていません。
真実:CROHMIQファブリックは、米国食品、医薬品、化粧品法、EUの素材・商品に準拠しています。 CROHMIQファブリックの構築に使用される成分材料の独立した分析は、次のように結論づけました。

  • CROHMIQファブリックの押出コーティングは、外部の薬剤からの混入に対する機能的な食品接触障壁を提供します。
  • FDAの規制の下でCROHMIQ押出コーティングおよびベース生地の部品材料は、GRAS(一般的に安全であると認識される)または関連する仕様の範囲内のいずれかである。
  • EUの規制では、CROHMIQファブリックの建設に使用される成分材料(押し出しコーティングを含む)はいずれも肯定的なリストに載っていません。


神話:CROHMIQ
ファブリックには固体金属フィラメントが含まれています。
真実:CROHMIQは金属フィラメントを一切含んでいない。 CROHMIQ織物に織り込まれた特殊な静電気放散糸は、主に炭素の少ない割合のポリプロピレンです。

神話:TEXENEは、CROHMIQと同様の技術を使用している他の企業を正当な競争であると認識しています。
真実:TEXENEは、TEXENEの特許を侵害する製品の正当性を認めず、米国および外国の特許を侵害する他者に対して、その知的財産権を積極的に行使します。

神話:特許を所有している場合、特許の対象となる製品または方法を使用、使用、販売する権利が与えます。
真実:必ずしも。 特許を所有することは、必ずしも侵害者がTEXENEの特許に違反することを避けることを許さない。 特許は、他者を除外する権利を与えるだけです。 自分の特許に記載されている発明を実践できるかどうかは、他者が所有する特許の存在によって異なります。 例:A社は「鉛筆」を発明し、特許を取得します。 その後、会社Bは鉛筆の端に消しゴムを置くことに決め、組み合わせの特許を取得します。 しかし、B社が販売する鉛筆/消しゴムの組み合わせはまだ鉛筆であり、その製造と販売はA社が所有する元の鉛筆特許に違反します。

神話:CROHMIQはアメリカでのみ利用可能です。
真実:CROHMIQは世界中で利用可能であり、CROHMIQ FIBCはFIBCメーカーと究極のエンドユーザーが配置されているすべての大陸で製造されています。