Home/スタティックプロテクティブFIBCの国際規格

スタティックプロテクティブFIBCの規格

ISO技術委員会TC122は、用語や定義、パッケージ寸法、性能要件、テストに関して、パッケージング分野における標準化を担当しています。 技術委員会は、さまざまな種類のパッケージや標準化の側面を担当する複数の作業グループ (WG) に分かれています。 TC122の小委員会(SC)は、TC122のパフォーマンス要件を標準化する責任を負い、パッケージやユニットの負荷、TC122/SC3のパッケージング手段のテストを行います。 TC122/SC3が開発した規格には、危険物(ISO 16101、ISO 16103、ISO 16106、ISO 16883)および非危険物のFIBC(ISO 21898)の輸送包装をカバーするシリーズが含まれます。 TC122/SC3は、親委員会と同様にワーキンググループにも分かれており、そのうちの1つ(WG9)はFIBCの静電特性を担当しています。 実際、WG9はISOとIECが設立した共同ワーキンググループ(JWG)の不可欠な部分です。

IEC電気技術委員会TC101は、静電分野における標準化、特に静電荷の発生、保持、散逸を評価する試験方法、静電放電などの静電現象の影響を確認する責任を負っています。 TC101は、それぞれ異なる製品グループまたは静電気現象に責任を持つ作業グループとプロジェクトチーム(PT)に分かれています。 WG7は、国際規格のカバーを開発するために設立されました。

  • 可燃性の塵や可燃性または爆発性の環境で使用することを意図しているFIBCのすべてのタイプの静電特性の評価;
  • FIBCの建設と意図された使用に関連するタイプの定義。
  • 電気試験方法および要求事項の仕様。

IEC TC101の範囲は、標準的な試験方法と評価手段を開発するだけなので、ISO TC122との正式な連絡が必要であり、製品グループの標準的な性能要件と分類を開発する権限を有する。 連絡は共同ワーキンググループ(JWG7)の形をとります。 IECはリード組織であるため、JWG7はIEC TC101の下で招集されます。 ISO TC122/SC3のWG9は実際には決して会わない仮想委員会です。 しかし、ISOメンバーが指名したWG9のメンバーは、JWG7会議に積極的に参加しています。

JWG7が開発した最初の規格は、2005年10月にIEC/ISO 61340-4-4の共同ロゴ規格として発表されました。

IEC/ISO 61340-4-4の概要構造:2005年

  1. 標準に準拠すると主張する FIBC のラベル付けの要件。
  2. パフォーマンス要件:
    1. ブラシ放電の伝播を避けるために必要なプロパティ(タイプB、タイプC、タイプD)。
    2. 接地を意図した FIBC に必要なプロパティ (タイプ C);
    3. 接地を意図していない FIBC に必要なプロパティ (タイプ D);
  3. テスト方法:
    1. 故障電圧(タイプB、タイプC、タイプD)
    2. 点火試験(タイプD);
    3. 地面への抵抗(タイプC);
  4. テスト レポートに含める情報。

イグニッション試験は、BTTG、チルワース技術、スイス安全・セキュリティ推進研究所、業界リーダーのテクセン(LLC)などの独立した試験当局によって長年にわたって開発され、使用される手順に基づいています。 この手順では、FIBC が使用される実際の条件をシミュレートします。 静電荷は、粉末、顆粒またはペレットがFIBCに積み込まれるか、またはFIBCから空にされたときに発生します。 安全と見なされるFIBCのためには、そのような充電条件下では、焼夷弾の排出がFIBC自体から生成されなのであることが実証されなければならない。 テスト手順を標準化する目的は、正しいテスト条件の普遍的な適用を保証することです。 JWG7によって確立され、標準に組み込まれる充電電流は3μAである。 標準で指定された可燃性雰囲気は、0.14 mJの最小点火エネルギーでメタノール(FIBCを使用すると最も容易に発火可能な溶媒)をシミュレートします。

IEC/ISO 61340-4-4は、2005年10月に完全な国際規格として公表されました。

IEC/ISO 61340-4-4で指定された試験手順は、主にタイプ資格を目的としており、特定の材料から構築されたFIBCの特定の設計が可燃性または爆発性雰囲気の存在下で安全に使用できることを実証することを目的としています。 他の試験方法は、定期的な品質管理テストに適している可能性があります。

欧州では、CENELECは最近、静電気による危険を回避するための行動規範を公表しました(CLC/TR 50404:2003)。 この文書の起源は、英国とドイツ、BS 5958とZH 1/200の2つの古い確立されたコードです。 2つのコードは、1999年にCENELECレポートR044-001として発行されたガイダンス文書に組み合わされました。 それ以来、CENELEC技術委員会CLC/TC44Xは、ヨーロッパ各地の全国委員会を代表する専門家からの貢献により、文書の更新と改善に取り組んできました。 CLC/TR 50404は、国際規格として開発のためにIECに送られました。

CLC/TR 50404は固体、粉、液体、スプレー、ガス、蒸気および爆発物の取扱いを含むほとんどの産業プロセスをカバーする。 これは、FIBC専用の1つのセクションを持っています。 あらゆる規格で初めて、FIBCは長年業界で使用されてきたタイプの分類を使用して記述されます。 によって確立された安全記録の認識で クローミクブルー過去10年間に静的保護FIBC™、CENELECの専門家によって採用された正式な分類には、発掘されたタイプD FIBCが含まれており、さらに、CLC / TR 50404は、発掘されたD型FIBCが、以下の表に示すように、地球型C FIBCと同等の安全性を持つすべての領域で使用することができることを規定しています。

異なる FIBC タイプの安全な使用

インサイド FIBC フィBC周辺の雰囲気
不燃性雰囲気 爆発塵雰囲気 爆発性ガスまたは蒸気
可燃性ではない
三重 > 1000 mJ
A B C D B C D C D
三重 3 mJ to 1000 mJ B C D B C D C D
三重 < 3 mJ C D C D C D

FIBC タイプの定義

FIBC タイプ A FIBC Aタイプは非導電性ファブリックで作られており、静電気に対する保護を提供しません。
タイプ B FIBCタイプBは非導電性の生地から作られています。 これらは、布を通る破壊電圧(コーティングを含む)がブラシ放電の伝播を防ぐのに十分低くなければならないという点でFIBCタイプAとは異なります。

スパーク放電は、フィBCタイプBの表面から汚染されたり、導電性物質(例えば水、グリースまたは油)でコーティングされたりした場合に発生する可能性があります。 このような汚染を避け、工具や金属クリップなどの導電性物体がFIBCに配置されないようにするために、予防措置を講じる必要があります。

タイプ C FIBC タイプ C は、完全に導電性ファブリックから、または相互接続された導電性スレッドまたはフィラメントを持つ非導電性ファブリックから作られています。 導電性の糸またはフィラメントのパターンは次のいずれかである:
25 cm2 以下の非導電性ファブリックの領域を囲むグリッド、または 20 mm のストライプは、その場合、各糸またはフィラメントは、2 つの別々の場所 (通常は両端) で相互接続する必要があります。FIBCタイプCは、すべての導電パネル、糸またはフィラメントが電気的に結合する接地点を備えなければならない。導電性の布地の任意の場所から、および導電性の糸やフィラメントからの接地点への抵抗は、108オーム未満でなければなりません(IEC 61340-4-4の第2版では107オーム未満に更新 – 下記参照)。FIBCタイプCのリフトループには、接地点が108Ω未満の導電性糸またはフィラメントも含まれている必要があります(IEC 61340-4-4の第2版では107オーム未満に更新 – 下記参照)。FIBC タイプ C は、可燃性または爆発性の大気に火をつける可能性のある火花放電を防ぐために、FIBC タイプB.Inの故障電圧要件を満たす必要があります。接地点の位置を示すラベルを FIBC に取り付け、接地の要件を明確に示す必要があります。非円不定の人々は、通常の活動を通じて充電され、タイプC FIBCに触れると地面に排出される可能性があります。通常の安全な練習に従い、人を含むすべての導体が可燃性または爆発性の大気の存在下に接地されていることを確認することが不可欠です。
タイプ D FIBC タイプ D は、地面に接続されることなく、充電を放散できるファブリックから作られています。 FIBC D型の生地は、通常、低エネルギーコロナ放電によって大気中に安全に電荷を放散する導電性の糸またはフィラメントを含んでいます。 一部のFIBCタイプDは、焼夷放電のリスクを低減する可能性のある低抵抗性コーティングを有する。
FIBC タイプ D の接地は必要ありません。可燃性または爆発性雰囲気の存在下での使用に対して安全であると認定するには、まずFIBCタイプDが現実的な条件下で焼夷弾排出を生じないことを実証する必要があります。注: 焼夷弾の排出の有無を実証するために使用される試験の条件と手順は、ドラフトIEC 61340-4-4に規定されています。FIBC タイプ D は、金属ドラムや人が一部の FIBC タイプ D の近くに配置すると、FIBC タイプ B.非円不定導体の故障電圧要件を満たす必要があります。通常の安全な練習に従い、すべての導体が可燃性または爆発性の大気の存在下に接地されていることを確認することが不可欠です。スパーク放電は、フィBCタイプDの表面から汚染されたり、導電性物質(例えば水、グリースまたは油)でコーティングされたりした場合に発生する可能性があります。 このような汚染を避け、工具や金属クリップなどの導電性物体がFIBCに配置されないようにするために、予防措置を講じる必要があります。

IEC 61340-4-4 Ed. 3.0

IEC 61340-4-4の第3版は2018年1月に発行されました。 第2版に関する主な変更点は次のとおりです。

  • 新しい実験証拠に照らして、タイプC FIBCの地上限界に対する抵抗は、第1版のように108オームに戻ります。
  • タイプL1インナーライナーの分類は、導電性内部層を有する多層材料から作られたタイプL1Cインナーライナーを含むように改訂され、拡張されました。
  • タイプB、タイプC、タイプDのバルクバッグのラベリングには、接地(接地)に関するガイダンスのためのIEC TS 60079-32-1への参照が含まれている必要があります。

全米防火協会(NFPA)規格

IEC 61340-4-4 で提供されている静的保護バルクバッグの安全な使用に関するガイダンスは、以下の最新版に組み込まれています。

  • NFPA 77:静電気に関する推奨プラクティス
  • NFPA 652: 可燃性粉塵の基礎に関する標準
  • NFPA 654: 可燃性微粒子固形物の製造、加工、取扱いによる火災・粉塵爆発防止規格

これらのNFPA規格は、タイプB、タイプCおよびタイプD FIBCを試験し、危険な環境で使用する前にIEC 61340-4-4の要件を満たすことを規定しています。